「第30回 Fashion Cantata from KYOTO」に日本を代表する着物デザイナー・斉藤上太郎のJOTARO SAITO ジョウタロウ サイトウの作品を披露!!

FASHION

6月15日に 京都市下京区にある京都劇場 において「 第30回 Fashion Cantata from KYOTO 」 が開催された。今年で記念すべき30回に京都府出身で日本を代表する着物デザイナー・斉藤上太郎のJOTARO SAITO ジョウタロウ サイトウの作品が4点披露された。

「ヘアは品のある大きめのロールからツイストブレードをシニヨンに結いあげて華やかさを出した現代的なアップスタイル、スパイキーなヘアピースを用いたパンキッシュなイメージのヘアスタイルなど、着物のデザインに合わせ多様な個性を演出できるバリエーションで表現」

テーマ Present for our Future

今年のテーマは「Present for our Future」。「今回は、30周年という記念すべき節目ということもあり「今」が未来の伝統につながっていくをコンセプトに開催されています。

昔からのプレゼントである「今」という時は性別や年齢に関係なく、すべての人に等しく与えられています。その大切な「今」という時に感謝しながら今を生きる。それは古き日本の伝統文化の良さを再認識し、自分のものとして新しく昇華し、それらすべてを未来に伝えていくことかもしれません。
今回で30回目の記念すべきファッションカンタータも日本の古き良き「きもの文化」の伝承を担ってきました。これからも「装いを楽しむ」を京都から発信し続けます。

日本の古き良き伝統である上品で雅やかな和装文化と、先進的な洋装文化 、そして芸術文化との交流・融合を図り、京都から広く情報発信 することをコンセプトとしたファッションイベント。資生堂ヘアメイクアップアーティストの谷口 丈児氏によりますと、「ヘアは品のある大きめのロールからツイストブレードをシニヨンに結いあげて華やかさを出した現代的なアップスタイル、スパイキーなヘアピースを用いたパンキッシュなイメージのヘアスタイルなど、着物のデザインに合わせ多様な個性を演出できるバリエーションで表現しています」。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました